6月29日の午後7時より、不動前の氷川神社さんにて「大祓(おおはらえ・おおはらい)」が執り行われます。

 

氷川神社の大祓

 

大祓とは、自らの心身の穢れ(けがれ)や災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めるものだそうです。

6月と12月の年2回行われており、6月の大祓は夏越(なごし)の祓と呼ぶそうです。

人形(ひとがた・人の形に切った白紙)などを用いて、身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅(かや)や藁(わら)を束ねた茅の輪(ちのわ)を三回くぐりながら「水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶというなり」と唱えます。

 

不動前氷川神社

茅の輪くぐり

 

これによって、半年の間に溜まった病と穢れを落とし、残りの半年を無事に過ごせることを願います。

今年は平成最後の夏越の祓です。

遙か昔から連綿と続く神道儀式の1つを、ご家族や友人の方々と体験してみてはいかがでしょうか。

 

【氷川神社】
住所:品川区西五反田5丁目6−3
TEL:03-3491-6863


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です